同友会ってどーゆー会?
同友会の活動
会員企業検索
お問い合わせ
携帯サイト

トップ  >  2023年度 活動方針
【中期スローガン】

同友会 入って会社がよくなった!

 〜中小企業家同友会での学びの実践で良い環境をつくろう〜

【中期ビジョン】

会員の「なりたい」「したい」を実現できる会を目指します



<2023年度函館支部活動方針>


スローガン「社員や知人とともに参加し学びを実践にうつそう」
●より多くの人とかかわれる環境をつくろう
●会活動での学びを実践できる流れをつくろう
●個人が生かされ意欲的に参加できる場をつくろう
●地域の新たな仕事づくりに携われるきっかけをつくろう

<活動の背景>
2020年の新型コロナウイルス感染拡大による自粛の影響から、世界各国の産業が窮地に追いやられています。函館においても基幹産業となっている水産業や観光業に大きなダメージを与えていますが、このような状況だからこそ多くの強みを持っている道南は変化を遂げることで飛躍のチャンスがあると信じています。仕事について学び実践する同友会らしく、学びを通じ会員の新たな仕事づくりや変化した環境に対応できるような下支えを行いたいです。
また、 2019 年北海道同友会創立 50 周年において全道 6,000 名の会員を目指し達成されましたが、新型コロナウイルスの影響もあり函館支部は会員数が減少しています。会の維持と振興を考えるのであれば会員拡大は不可欠ではありますが、もともと参加率の低さが問題視されていたことを踏まえ、まずは会員が活動に参加したくなる場として、より実践へ落とし込める学びを提供します。その満足度の高い学びは、会員が主体的に非会員へ入会を勧めていく仕組みにつながると考えます。幹事など運営側の成長機会を増やし、会員皆が同友会を活かせるよう場を 整えることで、入ってよかった同 友会と感じていただきたいです。

プリンタ用画面