同友会ってどーゆー会?
同友会の活動
会員企業検索
お問い合わせ
携帯サイト

トップページ > 同友会活動報告
  
投稿者 : 事務局 投稿日時: 2006-07-26 22:44:57 (709 ヒット)

青経未来塾「語り塾」


■ と き; 7月7日(金) 20:00〜22:00
■ ところ; 居酒屋あーさん 16名

政治・経済・社会情勢や経営課題等、その時々の話題を肴に大いに議論し合う親睦例会。

投稿者 : 事務局 投稿日時: 2006-06-29 08:12:59 (711 ヒット)

■日時;6月28日(水) 19:00〜21:00
■会場;函館パークホテル 29名


■テーマ; 社長が問いかけるヤル気! 社員が思い描くヤル気!
--------- そして、幹部は何をしなければならないのか!!

■発表者; (株)函館酪農公社 係長 金子岳夫さん <第15期>
-- 19:00〜19:30 金子さんの発表
-- 19:30〜20:45 グループ討論
-- 20:45〜21:00 報告とまとめ

1.開発マンとして目指してきたもの

2.情勢変化と業績

3.ある出会いと営業部との対決

4.能力主義で押し通す

5.できる限り難しいことをやろう

6.社内の緊張感

7.形にしなければ何も始まらない。イメージしなければ形にできない。
--設定目標としてのハッタリ

投稿者 : 事務局 投稿日時: 2006-06-28 10:20:59 (699 ヒット)

■と き; 6月23日(金)18:30〜20:30
■会場; 五島軒本店 45名

■テーマ; 魚から見た『はこだて』
----------- 地域の資源再発見と中小企業の新しい仕事 その2

■ 講 師; 北海道大学水産学部 学部長 原 彰彦 氏 <水産学博士>
( 北海道大学大学院水産科学研究院長、北海道大学大学院水産科学院長 )

今回は、魚類生殖生理学の研究者であり、北海道大学水産学部の新学部長でもある
原先生にご講演頂きました。
「水産科学は人類の食料資源を支える将来性ある分野。『面白さ』を社会に伝えたい」
と原学部長さん。
原学部長さんのお話から、函館地域における淡水魚の養殖事業の可能性と食品加工
への応用、そして、北海道大学水産学部を活用した産学連携と中小企業の新しい仕事
について学びました。

投稿者 : 事務局 投稿日時: 2006-06-28 08:42:51 (1028 ヒット)

「求人・求職」情勢懇談会のご案内 --- 共同求人・社員共育委員会 委員長 高橋泰助


■とき; 6月19日(月) 18:30〜20:30
■会場; 五島軒本店 23名

■テーマ; 最近の「職探し・仕事選び」事情 -- 〜求職者の職業観はどう変わったか〜

■問題提起者; (株)北海道アルバイト情報社函館営業所 所長 加藤隆幸 氏
■問題提起者; (株)はこだてわいん 専務 菅原雅仁 氏
■問題提起者; 北海道中小企業家同友会 事務局員 佐々木靖俊 氏
■進行役; (株)アイズ 社長 高橋泰助 氏

求人・求職の状況に大きな変化が見え始めてきたように思われます。
少子化の進行に伴う新規学卒者の減少、地域格差拡大による労働力の流失等、私たちを
取り巻く経営環境は厳しい状況です。
また、企業は時代に対応し雇用形態を変化させてきましたが、仕事を求める人の職業観や
労働観も激変しています。
今後、企業は求人戦略を重要な経営戦略として取り組んでいかなければならないようです。

投稿者 : 事務局 投稿日時: 2006-06-28 08:38:58 (888 ヒット)

■とき; 6月16日(金) 18:30〜21:00
■会場; 同友会函館センター 13名

1.意見交換 -- 最近、気になる食や農業に関する課題点、疑問点‥‥。
2.小島さんからの提案
3.本日の議論・決定事項
・イベントの名称
・イベントの日時
・イベントの会場 五島軒本店
・基本姿勢
・今後の活動について
・次回の打合せ会日時とテーマ

« 1 ... 764 765 766 (767) 768 769 770 ... 779 »